レディー

理想の目元は人それぞれです【整形で思い通りの顔になる】

美容外科での目の治療

目元を触る婦人

ぱっちりとした二重の目は顔の印象を明るくし、目力を強めてバランスの良い顔立ちを作ります。日本人は奥二重や一重の人が多く、特に女性は目元の悩みを抱いて美容整形外科を受診することがよくあります。目元の整形にはプチ整形と切開を伴う手術療法の二つがあり、美容外科の受診を考える際はそれぞれの特徴を理解するようにしましょう。まず、近年一般的に行われている目元のプチ整形は瞼に特殊な糸を通して二重にしたり、ヒアルロン酸などの有効成分を注入して目元にはりやふくらみを与えます。この治療法の大きな特徴は、効果に永続性はないものの短時間で施術でき、費用の負担も比較的少ないという点です。プチ整形は基本的に大きな切開をせず、時間をかけて体に吸収されていく成分を使う技術です。自然な仕上がりにしたいという方や、本格的な手術を受ける前のステップとして使う方が多いです。一方、本格的な手術療法では目頭のひだを切除する目頭切開やまぶたを切開して二重を作る治療が行われます。切開を行うため、術後の回復や傷跡に関しては定期的なケアが必要となります。しかし、効果はプチ整形に比べて大きく、永続的という特徴があるため、根本的に目元の悩みを解消したい方に向いています。

目元の悩みの解決法には美容外科での治療だけでなく、市販の美容グッズを活用する方法もよく用いられています。市販のグッズでは一時的に二重を作るものや目元に塗ることで肌の状態を改善するものが人気ですが、その特徴を理解した上で利用することが大切です。市販の美容グッズは肌との相性が確かめづらいことが多く、使い方に慣れないと中々思い通りの結果が得られません。しかし、費用は美容外科での治療に比べてはるかに安く、一時的な効果でも継続しやすいというメリットがあります。このことから、美容グッズは使用に際して肌との相性を確かめたり、使い方のコツを説明書やインターネットなどできちんと把握した上で使うことが大切と言えます。美容グッズで炎症が起こったり、理想通りの目元に近づけない場合は積極的に美容整形を検討することも必要です。美容外科では医師が専門的な検査を行うので安全性が高く、術後のシミュレーションも行えるため理想の目を実現しやすいと言えます。目元は非常にデリケートな部分で、無理に合わないグッズを使い続けるよりは早めに美容整形を受けた方が体への負担が少なく済みます。グッズと美容整形の特徴を理解した上で使い分けるといいでしょう。